ジョルジュ・ヴァルミエ 
Georges Valmier.JPG (37048 バイト)

「ピラミッド」

コラージュ・ガッシュ
20×12cm
1919













(C)ADAGP,PARIS, Tokyo, 1999



ジョルジュ・ヴァルミエ(1885-1937):
フランスのシャトラン県アングレームに生れる。1905年から4年間、パリのエコール・デ・ボザーノルに学ぷ。
セザンヌに私淑し独白に探求を進め、キュビスムにいたる。1913,14年のアンデパンダン展に出品。第一次大戦に動員。
1919年から画商レオンス・ローザンベールと交友をもった。グループ<エフォール・モデルヌ>に参加。
同年、パピエ・コレを制作し始める。自身でいうく分析的客体的表現主義>を推し進めて抽象絵画へと向かい、
1921年に再びアンデパンダン展に出品。パリ万国博の装飾のための仕事に着手しはじめた、1937年急逝した。
ヴァルミエがキュービスムにもたらしたものは独特の色彩構成であり、キュービスムから学んだものは現実の分析と厳密な画面構成だった。
この、自己の資質と時代に学んだものから、ヴァルミエはきわめて描象的な作品を描くにいたった。

作品にご興味のある方はご連絡下さい。

キュビスムギャラリーアサダ
a@cubism-asada.com

TEL: 052-762-7231
FAX: 052-762-7215

名古屋市千種区法王町2-5 ルナプラザ2F

BACK..